« 決勝トーナメント更新 | トップページ | Cトーナメント決勝 »

Bトーナメント決勝

Bトーナメント決勝

11月でも暖かい日が続いていましたが、急に気温が低下しどんよりとした天気となりました。

その下で熱い戦いが繰り広げられました。
間門Eは、初回六ツ川の攻撃を退けると、立ち上がりをとらえミスにも乗じて2点を先取。
両チーム投手はそれぞれコントロールが良く、チームもエラーもなく緊張した展開が続きます。
三回の表に六ツ川がランナーをためての好打で得点をあげて迫るもあと一本が出ず反撃が途切れます。
YSルールによる投手交代で流れが変るものですが、さすが決勝まで駒を進める両チーム、
二番目に出てきた投手もまたコントロールが良く相手を押さえ込んでいきます。
終盤5回の表に六ツ川が反撃。ランナーを二塁に置いて、間門Eは主将の剛速球投手に交代。
しかしこれが裏目。六ツ川の各打者は剛速球にも負けず振り抜いた打球が、野手の間を抜きついに逆転!
その裏もキッチリ押さえて流れは六ツ川。
しかし間門Eの投手の前に表の攻撃で得点をあげられず最後の攻撃へ。
これまで好守でチームを盛り上げてきたが、ここで痛恨のミス。最初のランナーを出してしまう。
流れは間門に傾きはじめ、続く打者が外野の間を抜く好打を放ちホームまでかえりついに同点!
2塁打や四球などで1アウト満塁。六ツ川がここをしのげば延長戦です。
速球を外野に放ち犠牲フライの体制に、しかし三塁ランナーは飛び出していた。
バックホームを焦ったのかなんと落としてしまい、あわててホームに送球するも間に合わずサヨナラとなりました。
勝敗はつきましたが両チームのすばらしい試合でした。
4年生は来年高学年でさらなる活躍を期待しています。

■Bトーナメント決勝
 11月11日 13:00~14:20   @みなみ台公園(南区)
  チーム 一二三四五六 計
  六ツ川 001030 4
  間門E 200003 5

■優勝:間門イーグルス(中区)



■準優勝:六ツ川ベースボールクラブ(南区)

■最優秀選手:荒木選手


チーム全員全力で戦い、優勝できてとても嬉しかったです。
投球では三者連続空振り三振を取れたのがとても印象深かったです。
来年は高学年でホームラン二桁を打ちます!
3年生以下の選手達は来年も頑張って優勝してください。
ここまでできたのは監督・コーチ、家族のおかげだと思っています。ありがとうございました。


■優秀選手:牧田選手

みんな声がでていて良かったです。決勝では二塁打を打てて良かった。
試合は負けてしまってとても悔しいけれど、次に向けて頑張りたいです。
みんなチーム1つになって頑張ってこれたことは良かったと思います。
チームのみんなに感謝したいと思います。
ありがとうございました

 

|

« 決勝トーナメント更新 | トップページ | Cトーナメント決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 決勝トーナメント更新 | トップページ | Cトーナメント決勝 »