« Cトーナメント決勝 | トップページ | Dトーナメント決勝 »

Aトーナメント決勝

Aトーナメント決勝

晴れ渡る晴天、富士山を遠くに臨む通信隊でで熱い戦いが繰り広げられました。
先攻は戸塚ACFホークス(ACF)で後攻めが平戸イーグルス(平戸E)
両チームコントロールの良い投手が小気味よくカウントを重ねますがACFの打力がそれを上回りました。
ACFは初回ランナーをためて四番の一振りで先制点を挙げますが、三塁で憤死。
チャンスが途切れたかに思えましたが、続く打者の内野安打からチャンスを作りエラーで追加点をあげ優位に進めます。
連覇中の平戸Eはランナーを出しますがあと一本が出ません。
逆にACFは下位打線からチャンスをつくられタイムリーで得点を重ねます。
反撃したい平戸Eですがホームが遠く、投手の代わった後もACFから流れを戻せずゲームセット
ACFは14安打で念願の優勝を勝ち取りました。
平戸Eの連覇は8でストップとなりました。
最後は得点差がつきましたが両チームのすばらしい試合でした。
3年生は来年もYSWJで、4年生は来年高学年でさらなる活躍を期待しています。

■Aトーナメント決勝
 11月19日 09:10~10:20 
 @戸塚ACFグラウンド(通信隊)
  チーム 一二三四五六 計
  ACF 34025 14
  平戸E 00110  2

■優勝:戸塚ACFホークス(戸塚区)



■準優勝:平戸イーグルス(戸塚区)



■最優秀選手:鈴木選手


MVPをもらえてとても嬉しかったです。
ピッチングは今日はストライクが入って良かったと思います。
バッティングは今日はあまり打てなかったけれど、前の試合では打てたので今日につながり良かったです。
ACFは元気があって面白いチームです。
来年も頑張ってまた優勝したいです。
応援ありがとうございました

■優秀選手:枝光選手


今日は本当の調子が出なかったので、来年頑張りたいと思います。
来年はエースを目指して優勝目指して頑張ります。
今日はありがとうございました
※準決勝でのサヨナラタイムリーでチームを決勝戦に導いた(監督)

 

|

« Cトーナメント決勝 | トップページ | Dトーナメント決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Cトーナメント決勝 | トップページ | Dトーナメント決勝 »