« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

反省会

今年YSWJの締めで行われた反省会には参加28チーム中26チーム、招待チーム3チーム総勢61名で盛大に行われました。

中村事務局の司会で始まった反省会は、江口事務局長の挨拶のあと今期の大会報告、準優勝ジュニアファイヤーズさんの音頭で乾杯!Hanseikai Aトーナメント優勝の永田台少年野球部石井監督から優勝の弁を頂いた後、B優勝のオール平沼、C優勝の千保ジャガーズB監督からもお言葉を頂きました。

最後に締めの言葉として清水ヶ丘ジャイアンツの深谷監督から設立の経緯などをご紹介頂き3時間を楽しく過ごさせて頂きました。

皆様お疲れ様でした。

反省会の内容としては青柳事務局からお話がありましたが、人数が多くお酒の宴席なのでなかなかお話が伝わらなかった思います。主な課題を抜粋してみました。

○5年生の登録について(人数が少ないチームが単独で参加する為の救済処置が規約で禁止している補強になっていないか)

☆この件については5年生登録の規約の見直しを含め事務局会議で話し合いたいと思います。

○リーグ戦期間の超過(1ヶ月に1試合で消化すれば7月に終わるリーグ戦が9月までかかってしまったブロックがある)

☆各チームにお配りした資料のチーム別月間消化試合表を確認の上、来期はチーム担当者とブロック長がバランスよく試合を組んで頂きたいと思います

○新規参加チーム(現在の1ブロック7チームで無理の無い運営が可能)

☆新規チームに関しては1ブロックを増やす、現在のチーム数を維持し欠員が出た場合のみ参加していただくなど意見がありますが、新規参加希望チームの数、来期不参加チームの取りまとめをしてから事務局会議で判断したいと思います

第7回大会は1月に事務局会議で規約の改正、運営の内容を決め、2月に抽選を行い3月から7月までリーグ戦、その後決勝トーナメントを行いたいと思います。

来期も宜しくお願いします。

事務局 HP担当 吉田

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »